05 | 2018/06 | 07
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

るみおかめ

Author:るみおかめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

百名山 甲武信ヶ岳 その2

2018.06.18 16:30|トレッキング
甲武信小屋テント場の受付は2時からで、先に設営をしていてくださいとのこと。
まだ先客が3組ほどなので、好きな場所を選べます~♪
DSCN7580.jpg
今晩の我が家

DSCN7581.jpg

テント設営して、早速飲みながら、昼食。
DSCN7583-2.jpg
アルファ米の五目ご飯と塩ラーメンを夫とシェア。

まだテント場はガラガラ
DSCN7585.jpg

少し昼寝をして、5時前から夕食作り。
DSCN7586.jpg
このワインが重かったんだな~

DSCN7587.jpg

メインは野菜入りラーメン♪寒かったので、あったまりました。
DSCN7588.jpg

テント場も大分埋まりました。
DSCN7589-2.jpg

ワインのアテがなくなったので、小屋の特製おでん600円也
DSCN7594.jpg

翌朝、4時前にはテント泊の皆さん起床してごそごそ活動開始。
DSCN7595.jpg
朝焼けがきれい♪

夫は張り切って甲武信ヶ岳山頂に日の出を見に行きました。
DSCN7608.jpg

赤く染まった空、雲海に浮かぶ富士山
DSCN7613.jpg

快晴の予感♪
DSCN7617.jpg

朝食を済ませ、小屋に別れを告げ下山します。
DSCN7622.jpg

雲海と富士山をバックに。
DSCN7630-2.jpg

昨日はガスの中だったので、撮り直し(笑)
DSCN7632-2.jpg

こんな景色、見たことない!
DSCN7642.jpg

さて、帰りは埼玉県最高峰三宝山経由、十文字小屋方面から戻る予定だったのですが、
前日の私の疲労度がひどく、元来た道を戻ることにしました残念

DSCN7644.jpg

DSCN7652-2.jpg

この日は雲一つ無い最高に良い天気となりました。
DSCN7656.jpg

頑張れ頑張れ!
DSCN7659.jpg

苔もキラキラ
DSCN7660.jpg

DSCN7663.jpg

DSCN7664.jpg

DSCN7667.jpg

ナメ滝まで戻ってきました~
DSCN7670.jpg

頑張れ!
DSCN7673-2.jpg

頑張れ!
DSCN7676-2.jpg

林道まであと少し。
DSCN7677.jpg

DSCN7678.jpg

DSCN7681.jpg

DSCN7684.jpg

無事、駐車場に戻ってきました~お疲れ様でした。
DSCN7685.jpg

帰途の途中、赤岳が雄姿を見せてくれました♪
DSCN7691.jpg

鉄道最高地点も見られて良かった~!
DSCN7703.jpg
次のテント泊は軽量化しないと、と痛感した山行でした。
スポンサーサイト

百名山 甲武信ヶ岳 その1

2018.06.18 16:30|トレッキング
梅雨真っ只中、天気とにらめっこしながら甲武信ヶ岳に行って来ました。
4時に家を出たときには雨だったのですが、駐車場に着いた時はあがっていました。
DSCN7486.jpg

午前中雨予報でどんよりとした曇り空なので、駐車場もガラガラ
DSCN7495-2.jpg
晴れていると、8時には満車だそうです。

DSCN7496.jpg

7時15分スタートです。
DSCN7499.jpg

DSCN7501.jpg

まずは千曲川源流を目指します。
DSCN7504.jpg

渓流沿いを歩きます。
DSCN7508.jpg


DSCN7522.jpg

歩き始めて2時間弱で、ナメ滝に到着。
DSCN7527.jpg

ここから甲武信ヶ岳まで2時間
DSCN7530.jpg

マイナスイオン全開
DSCN7532.jpg

苔もみずみずしい
DSCN7537.jpg

♪♪
DSCN7541.jpg

DSCN7543.jpg

アドレナリン放出中
DSCN7546.jpg

千曲川源流まであと少し
DSCN7547.jpg

DSCN7549.jpg

DSCN7552.jpg

出発から3時間半で千曲川の源流に到着。
DSCN7560.jpg

この奥から染みだしています。
DSCN7556.jpg

早速、千曲川の最初の一滴をいただきます♪
073-2.jpg
とても甘くて美味しかったです!

DSCN7563.jpg

ここからは急な登りです。
DSCN7564.jpg

金峰山との分岐
DSCN7565.jpg

雲の切れ間から青空が。
DSCN7566.jpg

このガレ場を登り切れば山頂です。
DSCN7568-2.jpg

イワカガミが群生、癒やされました♪
DSCN7571.jpg

DSCN7572.jpg

標高2,475m、甲武信ヶ岳登頂!
DSCN7569-2.jpg
ガスっていて、何も見えません

DSCN7570.jpg

甲武信小屋に向かいます。
DSCN7576.jpg

出発から4時間45分、甲武信小屋に到着~お疲れ様でした。
DSCN7578.jpg
今回は、水と酒、食材の重量でなかなか早く歩けず、かなりコースタイムオーバーです
つづく

絶景と可憐な野草たち

2018.06.12 16:42|トレッキング
テント泊予定だった週末、天気予報が翌日雨だというので、日帰り山行に変更し、
山梨百名山の黒岳に行って来ました。
DSC_0006-2.jpg
黒岳から釈迦ヶ岳を縦走してくる予定が・・・どうなったでしょうか

すずらん峠登山口から登る予定だったので、新道峠方面を歩きます。
DSC_0005_201806121636496c8.jpg

長い林道歩きは苦手ですが、木陰で助かりました。
DSC_0009_201806121636520c8.jpg

DSC_0012_20180612163654f63.jpg

20分ほど歩いたところで、すずらん峠登山口に到着。
DSC_0014_201806121636552b7.jpg
何々?通り抜けできない??

DSC_0028_2018061216370206c.jpg

仕方なく新道峠まで歩いて、そこから登ることに。
DSC_0033_20180612163704a18.jpg
さらに30分ほど歩いて、新道峠登山口に到着。
絶景ビュースポットに期待!!

ようやく登山道に入りました~
DSC_0034_20180612163706c04.jpg

5分ほど登ったところにあったのは・・・
DSC_0035_20180612163707b41.jpg

富士山と河口湖一望の絶景ビュースポット!看板に偽りなし!
(ちょっと雲が残念ですが)
DSC_0045_2018061216371652a.jpg

山頂がひょっこり。
DSC_0039_20180612163708c53.jpg

DSC_0048_20180612163717a2a.jpg

DSC_0055_20180612163719abb.jpg

ヤマツツジと富士山と私♪
DSC_0059_2018061216372058c.jpg

DSC_0062_20180612163722d67.jpg

DSC_0068_20180612163729fc1.jpg

破風山頂に到着。
DSC_0071_20180612163731e2c.jpg

手書きの標識が。
DSC_0072.jpg

樹林帯を黒岳目指して歩きます。
DSC_0075_20180612163734b22.jpg

DSC_0077_201806121637350ee.jpg

DSC_0085_20180612163743935.jpg

DSC_0087_20180612163744fd1.jpg

DSC_0099_2018061216374617b.jpg

1,793m、黒岳登頂!
DSC_0104-2.jpg

一等三角点なんですね。
DSC_0106_201806121637494cb.jpg

DSC_0108_201806121637565b0.jpg

釈迦ヶ岳に向かうため、日向坂峠を下りていきます。
DSC_0130_20180612163813541.jpg

どんどん下りるけれども、なかなか登り返さない。変だなぁ・・・
DSC_0113_2018061216375895e.jpg

DSC_0115_201806121637592e5.jpg

ん?見えて来たのは御坂茶屋。
DSC_0125_20180612163802c9d.jpg

え~!違う尾根を下りてきちゃったよ
DSC_0122_2018061216380192f.jpg

ここから駐車場までのルートを検索するも、元来た道を戻るのが最短だったので、
仕方なく戻ります~
DSC_0128_20180612163811143.jpg

ふ~、黒岳山頂に戻ってきました~
DSC_0134_20180612163814c6f.jpg

どうして間違ったのか、標識を確認してみます。
DSC_0127_20180612163810d27.jpg

ありました、小さく「ドンベイ峠」これ見落としますって!
DSC_0136_2018061216381685c.jpg

ようやく釈迦ヶ岳の標識が出てきました。
DSC_0137_20180612163824b20.jpg

余計な体力と気力を使い、意気消沈。
DSC_0138_20180612163825974.jpg

DSC_0140_20180612163827656.jpg

釈迦ヶ岳は次回にして、駐車場に戻ることに。
DSC_0142.jpg

林道に出ました~
DSC_0150_2018061216383018a.jpg

無事、駐車場に到着。
DSC_0158-2_201806121638371e7.jpg

駐車場近くにいた、コルリのペア♪
DSC_0172-2.jpg

DSC_0192-2_20180612163840e17.jpg

すずらんはちょうど花が終わったところでした。
DSC_0234_20180612163842db1.jpg
道迷いした今回の山行、地図確認の大切さを痛感させられました。

巨石奇石群 石老山

2018.05.27 16:45|トレッキング
梅雨入り前の週末、弟と相模湖を見下ろす石老山に行って来ました。
相模湖駅で、弟がピックアップしてくれました。
DSCN7420.jpg

相模湖病院前の駐車場に車を停め、スタート!
DSCN7423.jpg

登り初めてすぐに巨岩が現れました。
DSCN7424.jpg

DSCN7425.jpg

岩の上には木々が根付き、悠久の時を感じさせます。
DSCN7426.jpg

顕鏡寺へと続く階段
DSCN7428.jpg

写真には根が写っておりませんが、露出した二本の根が大蛇のような蛇木杉
DSCN7430.jpg

顕鏡寺の寺山門の脇の飯縄宮の鳥居をくぐり、山頂を目指します。
DSCN7433.jpg

巨岩の重さに耐える一本の木
DSCN7436.jpg

DSCN7438.jpg

相模湖が見えました。
DSCN7440.jpg

梅雨に入っていませんが、湿度が高く蒸し暑い。
DSCN7441-2.jpg

山頂に続く階段
DSCN7443.jpg

702.8m、石老山登頂。
DSCN7444.jpg

ん?標高が694.3mになっている、どっちが正しい?
DSCN7445.jpg

_DSC8001-2.jpg

1時間ちょっとで山頂に着いてしまったので、昼食をとらず大明神山方面へ。
DSCN7447.jpg

_DSC8007.jpg

1時間ほどで大明神山に到着。ここで昼食。
DSCN7449.jpg

弟作豚汁
DSCN7448.jpg

昼食後、下山し相模湖休養村キャンプ場に出ました。
DSCN7450.jpg

DSCN7452.jpg

無事下山後、やまなみ温泉で汗を流して、エネルギー補給に厚木へ。

バッファローキングのステーキで締めました♪
IMG_20180526_175742.jpg
短い行程でしたが、圧巻の巨石群を歩く面白い山行でした。

祝!赤沢迎賓館にて

2018.05.27 16:44|伊豆旅行
今年の結婚記念日旅行は、赤沢迎賓館に行ってきました。
P5188587.jpg

2013年に母の誕生日に来て以来です。
P5188590.jpg

入り口を入ると枯山水の庭園を望むソファ。
こちらでチェックイン
P5188593.jpg

DSC_0007_201805271701101e2.jpg

こちらは、圧巻の壁に飾られたパネルから水の流れをたたえるロビー
P5198617.jpg

ロビーから眺めるオープンキッチン
P5198618.jpg

庭園を望む回廊を歩き、お部屋へ。
P5198614.jpg

1階のあじさいというお部屋です。
P5188577.jpg

お部屋には、結婚祝いの花束とメッセージが♪
P5188574.jpg

お部屋でもお茶をいただき、Q10シリーズのお化粧品をいただきました。
P5188575.jpg P5188576.jpg

奥にはふっかふかのお布団が敷かれています。
P5188578.jpg

一休みしたところで、カートを借りてボーリング場へ。
028.jpg

迎賓館ゲスト専用レーン、貸切です!
021_20180527170120ba6.jpg
この後、赤沢スパで一遊びして、お風呂でさっぱりしてから夕食です。

オススメのDHC酒造(新潟に蔵元がある)の日本酒を注文。
素敵な切り子でいただきました。

前菜(冬瓜寄せ、炙り鱧、たらの芽お多福揚げ等)
P5188597.jpg P5188596.jpg

御造り(季節の鮮魚盛り合わせ)、お碗(翡翠ずいき、鋳込み鰻、白木耳等)
P5188599.jpg P5188600.jpg

旬菜(蝦夷あわび、焼き鮎の煮浸し等)、焼物(天然すずき、和牛サーロインステーキ等)
P5188602.jpg P5188607.jpg

口直し(中伊豆トマトのグラニテ)、炊き合わせ(五三竹土佐煮等)
P5188608.jpg P5188610.jpg

御食事(とうもろこしと枝豆の炊き込みご飯)、水菓子
P5188611.jpg P5188613.jpg



翌朝、天気は良い方にはずれ、朝から燦々と太陽が。
DSC_0009_201805271701126d4.jpg

P5198634.jpg

朝食は昨日と変わって2階の個室。
P5198630.jpg

名物シャッキシャキのサラダ
P5198621.jpg P5198622.jpg

P5198625.jpg P5198626.jpg

P5198627.jpg P5198629.jpg

ゆっくり朝食をいただいた後、お部屋のお風呂に入り、チェックアウト後は
夫は赤沢日帰り温泉館へ。
私はまた赤沢スパにてゴロゴロしておりました~泥パックでツルツル♪

赤沢から海を望むところで、子育て中のイソヒヨドリの夫婦に遭遇。
DSC_0086_2018052717110875f.jpg
今回は、伊豆の観光にはどこにも立ち寄らず、赤沢温泉郷を存分に堪能した
旅となりました♪