05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

るみおかめ

Author:るみおかめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

帰国の途へ

2011.11.08 18:59|フランス旅行
10日間のフランス旅行も、もう終わりです。

朝にホテルをチェックアウトしてすぐにバスでシャルル・ドゴール空港へ向かいました。
朝のパリ市内の渋滞は想像を絶するものでしたあせあせ(飛び散る汗)
飛行機の出発時刻の3時間半も前に出たのに、空港に着いたのは出発まで1時間を切っていました。

チェックインカウンターも行列で、税還付手続きをしている時間がなく諦めました。。。
(12%も戻ってくるのに)

出国手続きを済ませ、小走りで搭乗口に向かいました泣き顔

blog_import_4ebdd1e48a0de.jpg

帰りの飛行機は母とともに熟睡眠い(睡眠)
(あ、食事は美味しいのでしっかりいただきましたが。。。あせあせ
blog_import_4ebdd1e6ad34c.jpg

blog_import_4ebdd1f0c57a4.jpg

翌朝無事に成田に到着。

初めてのヨーロッパ旅行はちょっとせわしない印象でした。
次回はフリーでゆっくりと行きたいと思います。

終わり♪
スポンサーサイト

世界遺産 ベルサイユ宮殿

2011.11.08 18:39|フランス旅行
ベルサイユ宮殿は、あまりにも有名な建造物ですね。
blog_import_4ebdd1f39fa0c.jpg

ルイ14世が当時の著明な建築家、彫刻家、室内装飾家、および造園家を集めて
1662年から50年の歳月と莫大な費用をかけて建設されました。

バロック式の建築で、ベルサイユ宮殿の豪華さを象徴する「鏡の間」は、
長さ73m、幅10mの部屋の壁一面に鏡が配されています。
いずれの部屋も、大理石や豪華な金銀の装飾、絵画が施され、
その絢爛豪華さに驚かされます。
blog_import_4ebdd1fca3acf.jpg

1919年6月28日に「ベルサイユ条約」の調印が行われた場所としても有名です。

blog_import_4ebdd1f5c2ec2.jpg

1979年に世界遺産に登録されました。

ベルサイユ宮殿の写真はこちら↓
http://libura.com/viewer/1j07xfen8pht/

世界遺産 トリアノン離宮

2011.11.08 18:19|フランス旅行
ベルサイユ宮殿の離宮、プチ・トリアノンとグラン・トリアノン。

プチ・トリアノンは、18世紀にルイ15世が寵姫ポンパドール夫人のために建てましたが、
完成を見ないまま夫人は死去しました。
blog_import_4ebdd1ff22076.jpg

後にルイ16世から王妃マリー・アントワネットに贈られ、彼女はここを大そう気に入って
イギリス式の庭園と農村に見立てた小集落を作らせました。
blog_import_4ebdd2018c6fb.jpg

窮屈な宮殿暮らしに嫌気がさし、プチ・トリアノンにこもる日々が続いたようです。
何不自由ない生活を送っていても、それでは埋められない何かがあったのでしょうね。。。


グラン・トリアノンは、17世紀にルイ14世が旧トリアノン村の跡地に別荘として建て、
モンテスパン侯爵夫人との密会に使われていた場所です。
「大理石のトリアノン」と称されるように、外観はピンクの大理石の装飾がほどこされています。
blog_import_4ebdd208ca3f9.jpg

離宮とはいえかなりの広さで、駆け足での見学となりグラン・トリアノンはほとんど
中での写真は撮れませんでした。

少ないですが、トリアノン離宮の写真はこちら↓
http://libura.com/viewer/1j07xfe7s2wx/

午後はオプショナルツアー

2011.11.05 09:45|フランス旅行
午後から、母が申し込んでいた「トリアノン宮殿とベルサイユ宮殿見学」オプショナルツアーへ。

集合時間まで少しあったので、ギャラリー・ラファイエット内のレストランで昼食。
私はラザニアをチョイスレストラン普通に美味しく、ツアーの食事とは雲泥の差!
blog_import_4ebdd20e0fed8.jpg

ラファイエット正面入り口前集合だったので、少し早めに待機。
入口近くで、ネコがオルゴールの上ですやすやと眠っているのを発見。
近づくと、その飼い主と見受けられるおじさんが時々オルゴールを鳴らしたりしていました。
おじさんに「猫の写真を撮っていいですか?」と聞くと、お金を払えばいいよとの返答。
商売上手だなぁと思いつつも、1€を支払って写真を撮らせてもらいました。
blog_import_4ebdd21078bae.jpg

ラファイエット向かい側にはオペラ座があり、その隣のビルにはなんとユニクロが!!(恐るべしたらーっ(汗)

blog_import_4ebdd20b9461f.jpg

ルーブル美術館

2011.11.04 18:10|フランス旅行
パリ半日観光の締めくくり、ルーブル美術館見学です。
blog_import_4ebdd212db0c1.jpg

日本の美術館では考えられないですが、写真撮影も模写も可。
しかし、あまりの人の多さに著名な作品にはなかなか近づけませんあせあせ(飛び散る汗)

美術館と言えば、展示品の劣化を防ぐために、館内の空調管理を厳重にしていると思うのですが、
ルーブル美術館はそういう感じを受けませんでした。
しかも、作品はほとんどむき出しで展示(触ろうと思えば触れます)
作品を保存するという意味では最良の状態ではないのかもしれませんが、
作品の息遣いが間近に感じられました。

それにしても、1時間ちょっとの見学時間では忙しすぎましたたらーっ(汗)

ルーブル美術館の写真はこちら↓
http://libura.com/viewer/1j07wx4r2tkh/