09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

るみおかめ

Author:るみおかめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日本百名山 磐梯山

2017.10.13 17:58|トレッキング
翌日は濃霧注意報が出ていましたが、晴れ。
連休中日で駐車場に停められないことを予想し、
猪苗代リゾートホテルの磐梯山制覇プランを利用。
これが、大正解でした!
DSC_0215_20171013175510b3a.jpg

●磐梯山制覇プラン●
猪苗代リゾートホテルに駐車し、9時発の送迎バスで八方台登山口まで
送ってもらいます。
登頂後、翁島登山道で下山し分岐から磐梯山ロープウェイに乗車して
猪苗代リゾートホテルに戻ってきます。
下山後、ホテルの温泉入浴付き♪


昨日と打って変わって良い天気♪
DSC_0216_2017101317551210e.jpg

緑の中を気持ち良く歩く♪
DSCN7140.jpg

30分ほどで中ノ湯温泉跡に到着。
廃業した小屋が点在しています。
DSC_0219_201710131755145d9.jpg

だんだん登山者が増えてきました。
DSC_0224_20171013175516229.jpg

雲が厚いけど、まずまずの景色
DSC_0228_20171013175517145.jpg

登るにつれ、木々が色づいてきました。
DSC_0239-2.jpg

ん??すれ違い渋滞で、完全に停止。
DSC_0234-2_201710131755374fc.jpg

その後も、全く先に進まず((^◇^;)
DSCN7151.jpg

大渋滞の中、ようやく弘法清水小屋まで来ました。
DSC_0246-2_20171013175537af3.jpg

DSC_0251.jpg

小屋でフルーツポンチをいただく。生き返る~
DSC_0256_20171013175539d05.jpg

弘法大師由来の弘法清水
DSC_0262-2_20171013175551946.jpg

休憩後、本線に合流するのがまた一苦労。。。
DSC_0259-2_20171013175549210.jpg

ガスの先に桧原湖が見えます。
DSC_0266.jpg

その後も山頂までは大渋滞が続きました。
DSC_0273-2.jpg

ガスがなかなかとれないな~
DSC_0274_2017101317555563e.jpg

ようやく山頂に到着。
DSC_0281_201710131756030ae.jpg

雲海が広がっています。
DSC_0283_20171013175605611.jpg

標高1,816m、磐梯山登頂!
DSC_0285-2_20171013175607992.jpg
(行列に並んで撮りました)

DSCN7169.jpg

翁島登山道を下ります。
DSC_0327_20171013175608994.jpg

南側は傾斜が急ですが、紅葉が最高でした!
DSC_0333_20171013175610f57.jpg

DSC_0340.jpg

DSC_0354_20171013175621cbe.jpg

後ろに磐梯山山頂が見えます!
DSC_0379-2.jpg

DSCN7174-2.jpg

眼下にはロープウェイと猪苗代リゾートホテル
DSC_0383_20171013175624ff8.jpg

ロープウェイ乗り場に到着。
DSC_0408.jpg

ロープウェイに乗車中、山鳥くん発見!
DSC_0414-2.jpg

ロープウェイから下りて、見上げた磐梯山山頂はやはり雲の中。
DSC_0430_20171013175634117.jpg

帰り道、車から磐梯山を撮るも、やはり山頂には雲が。
DSC_0459.jpg

八方台登山口にピストンだったら、またあの大渋滞の中をすれ違いながら
行くようだったので、今回のコースは絶対オススメです!
スポンサーサイト

日本百名山 安達太良山

2017.10.11 18:32|トレッキング
紅葉を求めて、秋の安達太良山へ。
連休初日なので、渋滞を避けて新幹線で郡山へ向かいます。
DSC_0007_20171011182420c72.jpg

郡山からレンタカーで、岳温泉にあるあだたら高原スキー場へ。
DSC_0009_20171011182423c25.jpg

あいにくのお天気で、ロープウェイもガスの中。
DSC_0011_20171011182424a8e.jpg

片道切符を買って、標高差400mを一気に登ります。
DSC_0012-2_20171011182425c8a.jpg

山頂駅から登山スタート!
DSC_0016_201710111824279a0.jpg

すぐに薬師岳
DSC_0017_201710111828122fc.jpg

雨ですが、紅葉の中の木道は気分が良いです。
DSC_0018-2_20171011182814438.jpg

DSC_0021_201710111828164c8.jpg

DSC_0026_201710111828170cb.jpg

厚く覆われたガス
DSC_0029_201710111828196fe.jpg

道が川のようでした(^◇^;)
DSC_0032_20171011182828f71.jpg

雨というか、まとわりつく霧
DSC_0038_20171011182830c91.jpg

リンドウ
DSC_0043_20171011182831d76.jpg

白い世界~
DSC_0047_2017101118283201c.jpg

DSCN7081-2.jpg

あと少し!
DSC_0049_2017101118283546f.jpg

ぼんやり、山のシルエットが見えてきました。
DSC_0055_201710111828437dc.jpg

最後の登りです。
DSC_0061_20171011182846753.jpg

ちちくび山の核心部
DSCN7083.jpg

標高1,700m、安達太良山登頂!
DSC_0063-2_20171011182846ac6.jpg

山頂をバックに♪
DSC_0067-2_201710111828487c4.jpg

DSC_0069_20171011182849842.jpg

峰の辻経由、くろがね小屋に向かいます~
DSC_0083_20171011182857d2c.jpg

DSCN7101.jpg

安達太良山北側は、一面紅葉が広がっていました。
DSC_0100_2017101118285960c.jpg

雨のおかげで、貸切状態(笑)
DSC_0116_201710111829002c2.jpg

DSC_0124_2017101118290211a.jpg

DSC_0128.jpg

見事なパッチワーク
DSC_0136.jpg

紅葉の中に、くろがね小屋が見えて来ました。
DSC_0144_2017101118291424c.jpg
この小屋の温泉目当てに来る登山者も多いそうです。

DSC_0155_20171011182915642.jpg

奥岳登山口に下山します。
DSC_0164_201710111829174a7.jpg

あだたら渓谷自然遊歩道の滝
DSC_0201_20171011182918d94.jpg

無事戻ってきました~
DSCN7136.jpg

下山後入った岳温泉は、硫黄の匂いぷんぷんの酸性の湯。
とてもいい湯でした~♪
DSC_0207_20171011182924e76.jpg

郡山に戻りホテルにチェックイン後、近くのいい雰囲気の焼き鳥屋さんで夕食。
017_20171011183051abb.jpg 018.jpg
アオチビキのお刺身が最高に美味しかった!

どじょうの唐揚げも絶品!
020.jpg 021.jpg
翌日は早起きして磐梯山です!

金時山&矢倉岳

2017.10.11 18:02|トレッキング
連日、激務でお疲れの夫。
ストレス発散に、近くでサクッと登れる山、ということで金時山へ。
DSC_0004_201710111800021aa.jpg
足柄万葉公園から林道を走り、ゲート前の駐車場へ。
家を出たのが遅く、11時スタート。

歩き始めて、すぐにおにぎり形の金時山の姿が。
DSC_0010_201710111800044b1.jpg

駐車場から60分で山頂に着く最短ルート。
DSC_0011_20171011180006f00.jpg

この階段から急登が始まります。
DSC_0016_2017101118000752a.jpg

鳥居をくぐります~
DSC_0022_20171011180018eb3.jpg

DSC_0020.jpg

DSCN7048.jpg

鉄の階段
DSC_0024-2.jpg

秋の訪れにはもう少し時間がかかりそう。
DSC_0028-2_20171011180021e52.jpg

あっという間に登頂!
DSC_0032-2_20171011180023f04.jpg

たくさんの人で賑わう山頂からは、芦ノ湖が拝めました!
DSC_0036-2_201710111800310a0.jpg

昼食は焼売とビーフン、きゅうりの漬け物
DSC_0040_201710111800330cd.jpg

大涌谷の蒸気がもくもくと涌いているのが見えます。
DSC_0044_20171011180034668.jpg

山頂小屋の上では、猫が気持ち良さそうにお昼寝♪
DSC_0046_20171011180036b8a.jpg

昼食後、来た道を戻ります~
DSC_0053-2_20171011180038e7b.jpg

途中、姫ネズミがひょっこり。
DSC_0070_201710111800450e3.jpg

ちょっと歩き足りなくて、夫は車で寝ているというので、
一人で矢倉岳にも登りました。
DSCN7051.jpg
山頂のススキが良い感じ。

残念ながら、富士山は雲の中。
DSCN7055.jpg

ガマくんと遭遇。
DSCN7061.jpg

下山後、車から見た景信山
DSC_0076_20171011180046270.jpg
お腹いっぱいだったので、万葉うどんはまた次回!

日本百名山 瑞牆山

2017.09.22 17:45|トレッキング
台風一過、9月の連休初日に瑞牆山を登ってきました。
黄金色の稲穂が美しい~!
DSC_0002_20170922174217e6d.jpg

家を4時に出たので、瑞垣山荘そばの駐車場には6時半に到着。
DSC_0009_201709221742197b8.jpg

6時40分スタート
DSCN6986-2.jpg

3時間弱の行程です。
DSC_0017_20170922174220c30.jpg

始めは樹林帯の比較的緩やかな登山道を歩きます。
DSC_0021_201709221742211c2.jpg

今にも落ちてきそうな岩の下にある里宮神社の祠
DSC_0023_20170922174223f3d.jpg

奇岩だらけの瑞牆山の山容
DSC_0027_201709221742315c2.jpg

50分ほどで、富士見平小屋に到着
DSC_0146_20170922174305c52.jpg

ここから、天鳥川に一旦下りていきます。
DSCN7001.jpg

川を渡ったところにある巨大な桃太郎岩。
真っ二つに割れています。
DSCN7004.jpg

桃太郎岩の横にある階段を登って行きます。
DSCN7007.jpg

大ヤスリ岩が鎮座
DSC_0033_20170922174233c85.jpg

DSC_0036-2.jpg

鎖を頼りに滑る急斜面を登ります。
DSC_0048-2_201709221742367fc.jpg

歩くというより、岩越え
DSCN7029.jpg

DSC_0068_20170922174237cf0.jpg

大ヤスリ岩を横に望む
DSC_0078_20170922174246939.jpg

山頂付近から見る雲海
DSC_0091_201709221742488c1.jpg

2,230m、瑞牆山登頂!
(こちらは山梨百名山標識)
DSC_0097-2_20170922174249ec2.jpg

眼下に見える、大迫力の大ヤスリ岩
DSCN7036.jpg

こちらは日本百名山の標識
DSC_0103-2_20170922174252875.jpg

雲海が広がっていましたが、360度の大パノラマ!
DSCN7035.jpg

不思議なキノコ
DSC_0115_20170922174300b99.jpg

下山は岩から転げ落ちないよう、慎重に。
DSC_0119_201709221743022d1.jpg

桃太郎岩の間に入ってみました。
DSC_0130-2.jpg

岩ゴロゴロの下山は膝がつらい(TT)
DSC_0151_20170922174307005.jpg

無事下山しました~お疲れさま♪
DSC_0158-2_2017092217431564f.jpg

道ばたにコスモスが咲いていました。
DSC_0162_20170922174316b00.jpg
秋はすぐそこまで来ていますね。

埼玉なのに伊豆ヶ岳

2017.09.14 18:10|トレッキング
奥武蔵を代表する山、伊豆ヶ岳に行って来ました。
林道前の駐車場に車を停め、出発。
DSC_0003_20170914180705538.jpg

いきなりの急登です。
DSCN6979.jpg

樹林帯ですが、歩くとじんわり汗が出てきます。
DSC_0011_20170914180707a05.jpg

野鳥を探しながら歩く夫。
DSCN6980-2.jpg

DSC_0016_20170914180710af2.jpg

鹿が食べてしまったのか、下半分だけ裸の木
DSC_0021_20170914180712790.jpg

五輪山を経由。
DSC_0024.jpg

クサリの岩場、男坂にはこんな注意書きがありました。
DSC_0026_20170914180721bf1.jpg

確かに、これは落石注意ですね(登っている人もいましたが)
DSC_0027.jpg

で、女坂へ向かうと、今度はこんな注意書きが。
DSC_0030_20170914180724279.jpg

女坂も崩落の危険につき、通行できなくなっていましたので、
迂回路で山頂目指します。
DSC_0032-2_20170914180726634.jpg

DSC_0035_20170914180737474.jpg

やっと眺望が開けてきました~
DSC_0037_20170914180739b5b.jpg

伊豆ヶ岳の名前の由来は、晴れていると伊豆まで見えるから等
諸説あるようです。
DSC_0038_20170914180740024.jpg

851m、伊豆ヶ岳登頂!
DSC_0040-2_201709141807429e3.jpg

DSC_0044_20170914180744f24.jpg

山頂から峰々を望む。
DSC_0045_20170914180752da9.jpg

お昼を食べて、来た道を戻ります。
DSC_0051_20170914180754598.jpg

帰りに立ち寄った手打ちうどん屋さん
DSC_0057_2017091418075553f.jpg

私は冷やしたぬき、夫は天ぷらうどん
DSC_0062.jpg DSC_0065.jpg

店先には秋を感じさせる花が。
DSC_0067.jpg

DSC_0068_20170914180808a5b.jpg

DSC_0082_201709141808103fa.jpg
紅葉はどこの山に見に行こうかな。