09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

るみおかめ

Author:るみおかめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

夏の東北紀行 福島編

2008.07.22 21:35|東北旅行
最終日、有名なあぶくま洞とその隣の入水鍾乳洞を見て帰ることにしました。
最初にあぶくま洞へ。ここはさすがに観光バスも来ていてたくさんの人で
ごったがえしていました。
私も白石に住んでいた時に両親と来た記憶があります。
ここはとにかく、中の空洞がホールのように開けていて圧巻です。

しかし、次に行った入水鍾乳洞は旅好きな私たち夫婦の
過去ベスト3に確実に入るであろうすごい所でした!blog_import_4ebdd8bdcbd6e.jpg

この鍾乳洞はコースが3つに分れていて、Aコースは普通の服装でOK、
B、Cコースは短パン、サンダルで水の中を進むというものでした。
Cコースはガイド無しでは行けないほど危険を伴うコースとのことでしたので、
私たちはBコースを選び、早速着替えて受付へ。
一眼レフを持参していこうとした夫は受付の人に
「そんな物は持っていけないよ」と一蹴されました。
何でも、ただ水の中を歩いていくだけでなく、明かりもないため
ろうそくを灯して進み、途中四つん這いにならないとくぐれないような
狭い所もあるそうで・・・
言われるがままにロッカーにすべての荷物を預け、いざ出発!

まずAコースを歩き、Bコースを目指します。。。
Aコースも普通の服装でOKのわりに、あぶくま洞のような広々とした道はなく、
頭をぶつけないよう、狭い細い所を歩いていく感じでした。

「ここからBコース」の文字の先には、いきなり水が流れていました。
そして、その先は真っ暗闇・・・ふらふらblog_import_4ebdd8bf498ba.jpg

早速水の中に入ってみると、飛び上がるほどの冷たさ!!
冷たすぎて痛みを感じるほどでしたあせあせ(飛び散る汗)
何度か試みては、痛すぎて引き返してくるということを繰り返し、
もう諦めて帰ろうかと思いましたが、
不思議なことに足がだんだん慣れてきました。
嫌がる夫を連れ、ろうそくの明かりを頼りに進みました。
途中、体をくねらせてくぐらなければならないような所や、
四つん這いになって通るような所がいくつもあり、体はびしょ濡れになりました。

それでも、ゴールのかぼちゃ岩にたどりつき感無量指でOKblog_import_4ebdd8c0e5af5.jpg

かなりサバイバルな探検を堪能したい方、ぜひ行ってみて下さい!
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント