10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

るみおかめ

Author:るみおかめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

埼玉なのに伊豆ヶ岳

2017.09.14 18:10|トレッキング
奥武蔵を代表する山、伊豆ヶ岳に行って来ました。
林道前の駐車場に車を停め、出発。
DSC_0003_20170914180705538.jpg

いきなりの急登です。
DSCN6979.jpg

樹林帯ですが、歩くとじんわり汗が出てきます。
DSC_0011_20170914180707a05.jpg

野鳥を探しながら歩く夫。
DSCN6980-2.jpg

DSC_0016_20170914180710af2.jpg

鹿が食べてしまったのか、下半分だけ裸の木
DSC_0021_20170914180712790.jpg

五輪山を経由。
DSC_0024.jpg

クサリの岩場、男坂にはこんな注意書きがありました。
DSC_0026_20170914180721bf1.jpg

確かに、これは落石注意ですね(登っている人もいましたが)
DSC_0027.jpg

で、女坂へ向かうと、今度はこんな注意書きが。
DSC_0030_20170914180724279.jpg

女坂も崩落の危険につき、通行できなくなっていましたので、
迂回路で山頂目指します。
DSC_0032-2_20170914180726634.jpg

DSC_0035_20170914180737474.jpg

やっと眺望が開けてきました~
DSC_0037_20170914180739b5b.jpg

伊豆ヶ岳の名前の由来は、晴れていると伊豆まで見えるから等
諸説あるようです。
DSC_0038_20170914180740024.jpg

851m、伊豆ヶ岳登頂!
DSC_0040-2_201709141807429e3.jpg

DSC_0044_20170914180744f24.jpg

山頂から峰々を望む。
DSC_0045_20170914180752da9.jpg

お昼を食べて、来た道を戻ります。
DSC_0051_20170914180754598.jpg

帰りに立ち寄った手打ちうどん屋さん
DSC_0057_2017091418075553f.jpg

私は冷やしたぬき、夫は天ぷらうどん
DSC_0062.jpg DSC_0065.jpg

店先には秋を感じさせる花が。
DSC_0067.jpg

DSC_0068_20170914180808a5b.jpg

DSC_0082_201709141808103fa.jpg
紅葉はどこの山に見に行こうかな。

さくっと天空の乗鞍岳 後編

2017.09.11 17:25|トレッキング
翌朝、雲海に浮かぶ北アルプスのシルエット。
DSC_0331_2017091117232559c.jpg

雲海に昇る朝日。
DSC_0377_201709111723273fd.jpg

うねる雲はまるで海
DSC_0434.jpg

DSC_0462.jpg

今日も絶景の雲海
DSC_0467.jpg

DSC_0472-2_20170911172339a28.jpg

朝食後、宿を後にして乗鞍岳山頂へ。
DSC_0478_201709111723405cb.jpg

昨日歩いた、木道が見えます。
DSC_0484_201709111723426cf.jpg

雪渓が少しずつ溶けてできた沼。
DSC_0491_2017091117234378e.jpg

DSC_0501.jpg

あちこちに雪渓がありました。
DSC_0511.jpg

乗鞍肩の小屋に到着。
DSC_0520_20170911172355eb5.jpg

ここから本格的な登山道です。
DSCN6958.jpg

日曜日ということもあり、たくさんの登山者がいました。
DSC_0524.jpg

DSC_0532.jpg

岩が出た砂礫道は滑りやすく足がとられます。
DSC_0540.jpg

3,026m、乗鞍岳最高峰剣ヶ峰登頂!
DSC_0542.jpg
奥に見える山は御嶽山。

雲海撮影中の弟。
DSCN6969.jpg

山頂はとても狭い上に、たくさんの人であふれかえっているので、
すぐに下山します。
DSC_0557.jpg
山頂にある祠

続々と登ってくる登山者
DSC_0563.jpg

稜線上にあった蚕玉岳のピーク 2,980m
DSC_0565.jpg

肩の小屋で巨峰ソフトをいただく♪
DSC_0591-2.jpg

林道をそのまま帰らず、途中にある富士見岳に寄り道。
DSCN6974-2.jpg

DSC_0598-2.jpg

富士見岳から見た畳平。
DSC_0600.jpg

帰りのバスから見た大雪渓。
たくさんのスキーを楽しむ人たち。最上級の遊びですね。
DSC_0663_20170911172424e9f.jpg
最後まで雷鳥には会えませんでしたが、雲海の素晴らしい景色を見ることができて
最高の二日間でした♪

さくっと天空の乗鞍岳 前編

2017.09.10 15:50|トレッキング
9月始め、バスでお手軽に3,000m登山のできる乗鞍岳へ。
マイカー規制のため、乗鞍観光センターに車を停め、シャトルバスに乗り換えます。
DSC_0044_201709101547579e1.jpg

1時間弱で、標高2,700mの畳平に到着。
DSC_0127_201709101548154ab.jpg

畳平にある本日のお宿、銀嶺荘。
DSC_0056_20170910154759c3a.jpg

台風一過の青空。
DSC_0057_201709101548018da.jpg

いきなりコマクサとご対面。
DSC_0068_201709101548027d5.jpg

まずは、15分ほどで登れる魔王岳へ。
畳平にはたくさんのバスが停車。
DSC_0070_201709101548038b0.jpg

魔王岳登頂。
DSC_0082_20170910154812ff0.jpg

一面に広がる雲海
DSC_0113-2_20170910154813450.jpg

イワヒバリくん、こんにちは♪
DSC_0196-2_201709101548314d4.jpg

続いて、木道のお花畑を散策。
DSCN6937.jpg


DSC_0135.jpg DSC_0141_20170910154817ef5.jpg

DSC_0148_201709101548258ca.jpg DSC_0156_201709101548260ff.jpg

DSC_0159_20170910154828e6b.jpg DSC_0163_20170910154829581.jpg

乗鞍岳周辺には、雷鳥が120羽ほど生息しているとのこと。
昨日目撃情報のあった大黒岳を登っていると、ガスが立ちこめてきました。
これは期待大!
DSC_0199_201709101548398e8.jpg

大黒岳登頂。
DSC_0233_20170910154841f89.jpg

しばらく雷鳥を探してみましたが、姿は見えず。
そんな中、元気に飛び回るホシガラスくん。
DSC_0265-2.jpg

この日の雲海は、年に5回ほどしか見られない絶景の雲海だったようです。
DSC_0268_201709101548438b1.jpg

大群生のコマクサ
DSC_0311_20170910154845e20.jpg

ガスがかかったり、青空が見えたり、高所の空は忙しい。
DSC_0314_20170910154901249.jpg

雷鳥は見られず、この日は諦めて宿に戻りました。
飛騨牛のすき焼きに舌鼓。
DSCN6942_20170910155054b5c.jpg

夜は星空を独り占め。
_DSC7237.jpg
明日も快晴の予報♪

夏休み♪ 涸沢~上高地

2017.08.23 17:42|トレッキング
涸沢の朝
DSC_0558_20170823173848225.jpg

モルゲンロートお目当てに、みなさんスタンバイ。
DSCN6866-2.jpg

山頂付近の雲が厚く、山肌が少しだけ赤く染まりました。
DSC_0570_20170823173850b54.jpg

うーん、ちょっと残念。
DSC_0573.jpg

ちょっぴりおかずがさびしい朝食(山で文句言うな!)
DSCN6869.jpg

涸沢のヘリポートに長野県警のヘリコプター。
体調不良の登山者を乗せて飛んでいきました。
DSC_0604.jpg

今日はあいにくのお天気で、テラスにいる登山者は少ないです。
DSCN6872-2.jpg

後ろ髪引かれますが、涸沢ともお別れ。
DSC_0608-2.jpg

下山開始!
DSC_0613.jpg

DSC_0618_20170823173904da6.jpg DSC_0621.jpg

DSC_0623.jpg

DSCN6880-2.jpg

のんびりお花を探しながら♪
DSC_0624.jpg DSC_0628.jpg

DSC_0647_20170823173920840.jpg

DSC_0635_20170823173918be9.jpg DSC_0649_20170823173921724.jpg

ここの雪渓は昨年の今頃はとっくに溶けていたと、
ベテランのご婦人が言っていました。
DSC_0659_20170823173923fda.jpg
今年は雪が本当に多かったのですね。

DSC_0665.jpg

DSC_0676.jpg

DSCN6892-2.jpg

DSC_0678.jpg

お天気は下り坂。
DSC_0683.jpg

DSC_0693.jpg DSC_0694_2017082317394607e.jpg

横尾大橋まで来ました。
DSC_0696_201708231739481de.jpg

横尾山荘は相変わらずの賑わい。
DSC_0705.jpg

DSC_0716_20170823173950fbb.jpg DSC_0723.jpg

連休初日で、たくさんの登山者とすれ違いました。
DSC_0725_201708231740010c4.jpg

DSC_0729.jpg

DSC_0731_20170823174004b9b.jpg

徳澤園で、ソフトクリームに舌鼓。
DSC_0734-2.jpg

DSC_0737.jpg

DSC_0746_2017082317401405a.jpg

DSC_0753.jpg

DSCN6904.jpg

河童橋まで戻ってきましたよ~
DSC_0760.jpg

山の日のイベントもやっていて、上高地はすごい人!
DSCN6906.jpg

帰りに安曇野で、美味しい手打ち蕎麦をいただきました。
086.jpg
素晴らしい景色を堪能した上高地山行でした♪

夏休み♪ 徳澤~涸沢

2017.08.22 18:04|トレッキング
おはようございます♪ 朝から
DSC_0304_201708221758471a6.jpg

徳澤園のキジバトくん
DSC_0309_2017082217584920b.jpg

美味しい朝食をいただき、充電完了!
お昼のお弁当も頼みました。
DSCN6827.jpg

横尾までは平坦な道。木立の中を歩きます。
DSC_0313.jpg

DSCN6831.jpg

DSC_0321.jpg

川辺に出ました。
DSC_0335_2017082217590562f.jpg

お食事中のサルの群れに遭遇。
DSC_0334-2_20170822175853886.jpg

1時間ほどで横尾に到着。
DSC_0342_201708221759076d3.jpg

横尾山荘にはたくさんの登山者。
DSC_0344_201708221759086e3.jpg

横尾大橋
DSC_0345.jpg

涸沢まで6km
DSC_0347.jpg

ここからは本格的な登山道です。
DSC_0354_20170822175919672.jpg

圧巻の屏風岩
DSC_0381_20170822175921b52.jpg

DSC_0385.jpg

DSC_0392.jpg

本谷橋
DSC_0399-2_20170822175926b50.jpg

川辺で涼をとりながら、皆さん休憩中。
DSC_0401.jpg

DSC_0407_2017082218003399a.jpg

さて、あと一踏ん張り頑張るぞ~
DSC_0417_201708221800355d1.jpg

雪上は慎重に。
DSCN6846.jpg

DSCN6847.jpg

山頂に雲がかかってきました。
DSC_0429_201708221800362ae.jpg

私たちは涸沢ヒュッテ方面へ。
DSC_0438.jpg

まだまだ雪が残っていますね。
DSC_0441.jpg

DSC_0444.jpg

涸沢ヒュッテに到着。
屋根に布団を干すスタッフさん。
DSC_0447-2_20170822180048cd4.jpg

穂高の峰々がきれいに見えます♪
DSC_0458.jpg

ちょうどお昼時で、売店にもたくさんの人が。
DSC_0485-2.jpg

私たちも、テラスで徳澤園謹製のお弁当をいただきます♪
DSCN6851.jpg

昼食後、宿にチェックイン。私たちは新館の2階です。
この日は布団二枚に三人で寝るように指示されました
DSC_0517-2.jpg

荷物を置いてちょっと横になったら、二人とも寝ていました(汗)
DSCN6859.jpg

昼寝から覚めて、外に出てみるとテラスは大賑わい!
DSC_0527-2.jpg

こちらはヒュッテ内にある東大診療所。
DSCN6853-2.jpg

平日でもかなりの数のテント。
DSC_0520.jpg

DSC_0506.jpg

涸沢小屋までは、かなりの残雪。
DSC_0510.jpg

DSC_0491.jpg

涸沢小屋から涸沢ヒュッテを望む。
DSC_0489.jpg

DSC_0498.jpg DSC_0503.jpg

夕食はこちらの食堂にて。
時間前から行列ができていました。
DSC_0518.jpg

味は普通です~
DSCN6860.jpg

夜のテン場は、ロマンチック。
DSC_0547_2017082218012991b.jpg
部屋に戻った私たちは、布団に横になりましたが、窮屈な上に暑くて眠れず。。。
やっぱり、究極の個室はテントかな。